outdooring

OUTDOORING

徒然なるままoutdoor ~山&雪~


今年初のHike
行先は前日決定の蓬莱
できたばかりの琵琶湖テラスの見学がてら...

以前は駐車場は無料だった?記憶
500円/日だし、しかも開くのが8:30から
ここからの
山登り客は減りそうですね
DSC03963_R
 爽やかと言うより 少々寒め
 サロモンウインドブレーカーを着用
 薄くて軽いのは良いけど破れそうで扱いには気を遣います

DSC03992_R
 BD ナイトロ22 程よい大きさで使い勝手は良いです
 使い出して1年程度かな
 背面に隙間有るタイプはやはり後ろへ持って行かれる感あるんで
 密着タイプがFitします
 最近のは背面も上手く通気性など考えられて作られています

DSC04039_R
 サンバイザー Hikerスタイルで
 サロモンWBは薄いから透け透け


DSC04092_R
 琵琶湖を全方位で観れます
 少しガスってますが気持ち良い眺め

 寝癖のままだから 頭頂禿が目立ちません
 良く白髪染めしてるの?なんて聞かれますが
 おっさん、そういうのしていませんから(笑)

DSC04155_R
 ゴンドラが着くたび 多くの観光客が
 Hikerはほとんどいませんね

DSC04227_R
 今シーズンの雪の多さが判ります

DSC04238_R
 この時期は高山植物も花を咲かせて
 目を楽しませてくれます


DSC04268_R

 お疲れ様です
 怪我無く今季、第一回目Hike終了です
 レイヤリングは丁度良い感じでしたが
 山頂の強風による体温低下は止む無しか

 梅雨入りまで
 いろいろ周辺で脚をならして
 初夏のアルプスに備えておきます 


西山界隈
こっちへ向かうとどうしても南下して
P山方面へ向かいますが
昔走った北上コースで探検です

ここへのアプローチも
高速の加減で大きく様変わり
ある意味、来やすくなってるんでは??

P1500346

 落ち葉で隠れて北上ST 見落とす アカン探検感覚落ちてるわぁ
 これって嗅覚みたいなもんですからね
 気持ちよく走ると、どうしても見落としがちです
 
 落ち葉の上の陽だまりで
 山地図とスマホでルートを確認しながら進みます
 楽しいひと時・・・

 見覚えあるプラ階段を適当にさばきながら落ちていきます
 出たとこには銀柵 まさか!閉まってるんではという不安
 遠目に他の脱出口を探しながら銀柵へいくと無事通過
 このワクワク、ドキドキ感が探検ならではです
  
 気付くと、そこは大阪府

 この辺は結構林道があるので
 MTBサイクリングでも楽しめそう
 
 今回はただ前回の記憶とは異なる林道だったので
 延々舗装路を下らされることに
 「あ、さっきの右だった」と後悔しても後の祭り
 次回は間違わずにと思いながら再訪が出来ていないコースも多々 

 ルーチンなコースも良いけど
 山サイ探検感覚なTRIP要素が有る方が
 やっぱ楽しいですね
 
 土曜はGo East 

久しぶりなKRT
鉄粉で行くのは初めて

午前に一山登ってるのと
背中に筍荷重が有るとはいえ
ほぼほぼ押し歩き

まじで引退考えるわぁ

P1500396 
 以前、乗って走ったところを押すなんて...
 ここまで、ゼリーのみなので補給タイミングも失敗だった??
 何せ、二山走るのも久しぶりだし 流れが読めてない

それに加え、トラックも結構難易度Upになってキツイ片斜続出です

次回AKT~KRTを回送予定なので
ちゃんと走れるか確認しておこうと思います

KRT 野鳥園辺りからは楽しいんですが
前半は 何だかなぁ~って感想
 

最近はBBQ禁止公園が増えてます
直火や炭片付けされてないのを見かけますからね ^^

DSC03933_R
 ガスボンベ+鉄板 これでホルモン&ノンアル
 次回はスキレットで試してみよう
 
 
DSC03810_R
 ほぼ満開
 青空と桜は最強ですね
 

西山徘徊
P1500320_R

 ヒノキ花粉MAX
 杉より反応が良いような我が身(笑)



P1500327_R



P1500328_R
 朝掘り 筍 Get
 地元TV局 来てたから映るなぁ  

 大枝の筍といえば ブランド品ですからね

P1500342_R
 筍背負って ヒルクライム
 重いぜよ

 筍メインながら
 こちらも見ごろなので堪能しておきます
 
P1500348_R
 久しぶりのコース取りなのでしっかりロスト
 少し引き返して北へ進路をとります

P1500387_R
 桜吹雪の後


P1500401_R
 筍を買った場所が遠くに ^^;
 ぐるっと西山一周 徘徊
 結構脚に来たし 二山は久しぶり 補給タイミングも間違って
 パワー出ませんョ
   ゼリー1個
約50km 王滝遠し...


 

↑このページのトップヘ