outdooring

OUTDOORING

徒然なるままoutdoor ~山&雪~

お洒落は足元から...
山も似ていますね

北岳などちょっとマニアック方面へ向かうと
M社製品が結構減っていくんです
大衆迎合しない山人が増加??

逆に見たこと無い様なGoodsが見れて
楽しいんですが...

22141265_524145517923269_6915083226955799558_n

靴は、革製が目立ったかな?
ブラウン系とオレンジ系
トレランの軽量シューズ派も意外に多いな

それと皆さんパッキングが上手です
テン泊は50-60L グレ愛用が多いです
小屋泊も40L系が多くてビックリ
皆さん衣類を大目に持参
耐寒性あればこの辺は小さくできそう
あと着替え量も関係します

Climb中
ストックは大方BD社が目立ちました
カムロックタイプが主流になりつつありますね

久しぶりに
滞在時間が長いお山遊び
いろいろ面白い発見も出来て
今後の山行きにもフィードバックできそう

あっフィードバックってお買い物のことです^^

9月の槍縦走で
中敷きがほつけたんで
新しく購入したSOFSOLE

評価が微妙な感じでしたが
Mベルにも置いてあったので
大丈夫かと安心

結構インソールって大切ですからね

IMG_20171004_080428

懸案だったのは、ジェルタイプのクッション緩衝材
慣れてないと意外と不安定で気色悪いらしい
踵部分にある丸い出っ張りがそれ
表面はcookmaxなので夏場は良さげ


北岳の急登でも足へのトラブルなくコンプリできました
マメや擦れなどによる水膨れや爪先痛みが場合によっては出ますが
足が悲鳴あげることなくでしたので合っていそう

Superfeetも使ってましたが
インソールは消耗品と割り切ってるんで
こっちのタイプの方が良いかも知れません
デザインもなかなかだしね


ASOLO+モンベルウイックロン靴下+SOFSOLE

今秋はこの組み合わせで錦秋のお山巡りします

IMG_20170928_180658

幻のパンフレット 既に古紙回収行き
秋王11王の日程も出揃い、あとはお仕事都合次第かな

先日北岳で寒さへの耐寒力は人並み以上
でも車中泊は厳しいだろう

民宿泊で42kmと言う贅沢プランも良いんだけど
天候が悪いと...

難しい選択が迫られます

詳細よく見てないけど
ブースとか前夜祭とかあるんだろうか?


ただ、これっきりな大会であることも
間違いない
11月の秋枯れ初冬の林道も晴れれば楽しいんだけどな

朝晩の気温差が激しいから
出るとなれば、バックパック担ぎで
ウエア調整を図ることでしょう



おっとそれ以前にドッグ入り中のチャリが
ようやく帰ってきたので
里山遊びにかまけないと...

一度通り過ぎましたが
昔バイクで来た時の思い出が面白かったのを思い出し突入

こんな狭かったけ?
それにメットも着用義務だったかなあ??
ワクワク感たっぷりでいざ探検へ

DSC03976_R

氷穴
キリンの氷結?
富士へ行ったので久しぶりに訪れました
350円で十分楽しめるアトラクション 


当日 氷穴内気温は0℃
中では氷も残ったままでひんやり

北岳Hikeへのアクセス
中央道回りか?それとも新東名か?
新東名が繋がったりしてたので
ナビとは別ルート
距離もそんな変わらない

北岳は芦安温泉、甲府市の西にある温泉地に駐車してHIKEとしました

DSC03923_R

たまたまGoogleで探したお店
なかなか有名店でした

DSC03934


味はあっさり系、麺は腰のあるもちもち麺といったところ
焼きそばが富士宮は有名ですが
広島焼きっぽいのもあるのでビックリ

DSC03931


もちろん静岡おでんも
黒はんぺん?が有名で
上に謎の粉を掛けて食べるのが静岡流らしいです

IMG_20170929_120906


朝霧高原と白糸の滝なんかを久しぶりに立ち寄りながら
のんびり旅行気分です

夜は甲府市に宿泊しようかと思いましたが
滅多にこっち方面には来ないので
石和温泉と言うマイナー温泉地で宿泊

デポ地まで1時間程度なので良しとします


すっかり忘れてました...
マイナン

クリップボード




いろいろ面倒です

DSC04162_R
RX100 星空撮影 
初にしてはまずまずかな

iso1600  B 30秒

北岳御池小屋前で  2017.9.30


当然、三脚なんてものは無い
ベンチに小石を置いてそれに立てかけるようにして撮影
これで充分じゃないかな

撮影データは適当ながら昔取った杵柄ということで

二番じゃ駄目なんですか?
富士山にはあまり関心なく
二番手をコンプリする山旅へ


北岳
 なかなかな急登です
 geograでKMLデータでgoogleearthへ
 北岳山荘から広河原(バス停)まで


DSC04376
初の南ア
空気が入れ替わる時期で服装装備も悩みどころ

DSC04364
3000m越えの4名山
山小屋で読んだ冊子には
槍、奥穂、北岳、間ノ岳 らしい

今回で全て登頂に成功です
南アに二つあるので
一気にコンプリですね

DSC04131_R

初日は、早めに山荘入り
ここ御池小屋はたぶん3本の指に入る快適さ
山荘ではないですね
眺望はちょっとだけど
燕山荘より良いんじゃ?
新しいし綺麗

山小屋では、半袖半パンおっさんは一人だけ...
え~~~意外と暑がりだったんだと
半袖野郎、もう一人いました
ロシア人??でも長ズボン履いてたな
体感温度はホントそれぞれだけど
風邪をひくことなく無事でした

DSC04139_R
 名物 鳥肝を頂きます  秋晴れの下、贅沢な時間です  Beerは山価格の500円

DSC04154_R
部屋からは鳳凰三山がくっきり見えています
寝る時も、結局、半袖半パンで寝ましたが
少し暑い位でした 9月下旬 2500m前後

DSC04162_R
 御池小屋前で撮影
 RX100で初のバルブ撮影
 まずまずな映りにご満悦

DSC04216_R

 北岳へ登頂開始
 さすがに朝は冷え込みますが、1時間足らずで、半袖スタイルへ...
 CAPも汗だくに サンバイザーがやっぱ便利ですね

DSC04243_R
中腹は紅葉スタート
秋晴れに似合います

DSC04285_R
紅葉の後は、富士山
富士が見えると、テンションUPです

ただ標高2500m越えると、やっぱり空気が薄く
足取りは重くなる一方です
少し登っては休み休みです
心拍低いと酸素摂取量は低いんじゃ?なんて思いながら(笑)

DSC04299_R

草ブロッケン??  
影が追いかけてくる不思議な稜線歩きの時間を堪能します

DSC04318_R
 オベリスク...鳳凰のランドマークですね

DSC04337_R

DSC04385_R
北岳山頂から、日本一富士山を望む
ぐるっと見渡せば
仙丈ヶ岳、甲斐駒が間近に

遠くは、御岳、乗鞍、槍などの北アチーム
もちろん富士山もクッキリ
これだけ
眺望が効くのは珍しいと皆さん
うん、日頃の行いだなぁ

北岳から間ノ岳の稜線はアップダウンありますが
富士をずっと見ながらの最高の稜線歩き

IMG_20171001_100613_1


途中、生あくびと軽い頭痛に襲われますが
高山病兆候ですね
深呼吸すれば治りますが新たな体験にワクワク?!

IMG_20171001_141513

半袖で寝てたから風邪でも引いたかと
そっちが心配でした

北岳~間ノ岳 ええ縦走路の稜線
間ノ岳越えれば
そこは静岡県らしい


DSC04482_R
北岳山荘からの眺め
部屋の窓からぬくぬく見れる幸せ
この山荘、建築家黒川紀章氏の設計らしい

ここでも半袖半パンSTYLE
標高高く古い建物なので寒いかと思いましたが大丈夫
これもひとえに皮下脂肪のおかげです

朝食は5時
みなさん朝から食堂前で並んで開くのを待ちます
ガッツあります 

DSC04561_R
最終日は、曇りから雨の予報
雨に降られる前に
下山

ただエスケープする巻き道が使えず
時間計算が予定外に...

Loop予定が、一部ピストンコースとして
無事下山
5:30に出て、11:00前に広河原バス停へ

バスの時刻は
10:00と12:00ですが

乗合バスは集まり次第出発
ひとり1100円+100円で45分程度で
芦安駐車場へ


初めての南ア
北アより古びたイメージでしたが
ここはそんなことなく
食事も美味しかったです

今回は
高山病(軽度)一歩手前も味わい
前回の槍同様、顔が埴輪顔になって居ました
気圧と高度の関係で
瞼や顔が腫れます...


2017Seasonはこれでお仕舞かな?
山荘泊で計4泊
双六、槍、御池、北岳 
2016年の丁度1年前はセブ島でジンベエと泳いでたのが懐かしい

10月は
日帰り登山で紅葉を楽しむコースが増えそうです
錦秋の秋を楽しみます















Sunday ヨット
レース参加と言うことでクルーとしてお手伝い
IMG_20170924_093340
秋晴れのええ天気


IMG_20170924_110552
マーシャルの周囲に参加艇が一定距離を保ちながらスタートを待つ




IMG_20170924_125745
微風、凪
ベテラン勢も苦労する状況


IMG_20170924_125749
レースは動力エンジンは一切使えませんから
風が吹くままとなります
まさに自然相手、自然次第です


IMG_20170924_163923

 表彰、そして記念撮影

P9Liteで撮影


↑このページのトップヘ