outdooring

OUTDOORING

徒然なるままoutdoor ~山&雪~


ストックの方式は現在2パターン

ひとつはカムロックやスクリューロックなどの伸縮式
最近流行りはコード式で折り畳めるタイプ

DSC04565

伸縮より折り畳みのほうが小さく軽くなる傾向だけど
頑丈感とのトレードオフ
価格もお高め

シングルで使うなら折り畳みでライトハイク
ダブルなら伸縮ってのが感想

というか
ほぼほぼ使う機会なくなんですが...
縦走時の長い下りの砂利場では役立ちそう

テン泊始めるとマストアイテムになるのかな

DSC04436

カレーめしというよりリゾットに
水の量間違えたかな??


現車、2年半前の4月下旬
確かGW前ギリギリで納車された思い出

MT、NA、4輪DISKをメインに
探して見つけて来ましたが
やはり収納力不足
判ってはいたけど...
あれから乗鞍詣でや近隣探検も激減

サクッと載せれない不自由さを味わうと
億劫になりますね

それでも王滝は
無理クリで積載しては車中泊で行ってましたが
正直もうチョイ余裕ある車格が欲しかった

P1510570


2年半、38000km 月2000-2500km走ってる計算だけど
う~ん走り過ぎだな
しかも休日オンリー
信州方面
夏山遠征、冬山遠征
これが700km/回程度

信州往復が目安
満タンでNon補給で往復できれば優秀ってのが
個人的ベンチマーク
タンク40Lで15km走れば600kmでキツイ
高速だからノビシロあるんでギリギリ 


車検前に乗り変えと言う
若かりし頃に戻れるか^^;

でも
なかなかこれっていう車出ないなぁ


ジオグラネタ...
FBやここでも書いてましたが
ログ取りでおかしな動きをしていました

その旨、アプリ作成者にも伝えていますが
ま~塩対応
他で動く(=P9)からそんなはずない的な...

HUAWEIにも同様に聞きましたが
なかなか紳士的対応でしたが
根本解決にはならず

22489769_529715730699581_1113617065165617420_n


山旅ロガーとかも使ってみましたが
利便性が良いから、
騙し騙し利用した夏山Seasonでした

P9lite他 このスマホ利用者多いから
こうなるのは読めていましたが...ね

アンドロイド7.0とGoogle開発者ソフトあたりが
上手く動いていないというか
ソフトのバックグランドでの稼働を止めてしまう
悪さをするんですね
(この辺素人なんでネット情報駆使しして対応してました)

Google開発者アプリ更新を無視して使えば
使えるという裏ワザでしたが
更新アナウンスが毎回出てくるのが
実に面倒で目障り...

この辺が解決された模様

今朝、試しに使ってみると大丈夫そうでした

高度や時間、移動距離を読み上げてくれるのが
便利なので、普通に使えるようになり助かります
チャリの秋山活用も多分大丈夫でしょう

またレポートします

この前の北岳、間ノ岳で
百名山24座をコンプリしたことに!

あと1座で1/4...
全部制覇は無理だろうけど
目標は高く、長くということで

出来れば今年中に25座達成したいとこですが
日帰りで行けそうなとこを物色中

DSC04535



IP-110
プリムスの小型缶に
ガスチャージ

山へ向かう頻度が増える秋
山頂で山ラーを楽しむ準備は怠りなく

バーナーはプリムスウルトラバーナー P-153(旧)
IMG_20171007_085859

コンパクトパッキング
ガスが減ると追い足しで再利用していますが
これは自己責任範疇

元の重さが210g前後だから
軽量しながら補充していく
ガスはガス缶握ればその温度差で
勝手に入っていく感じ

アウトドアは環境にうるさい割に
こうしたリユースが進んでないのはどうかと思う
メーカーの思惑ではなんて思ったりも

ストックなんかも
ここ最近でやたら利用が広がってるし
ある意味、山界も飽和状態に近づきつつあるのかな?


CUPはチタン製400ccを愛用
ガス缶とプリムスバーナーが良い感じで収まります
400ccはカップヌードル一杯分と
カフェラテを一杯飲むのにちょうど良いサイズなのです

IMG_20171013_093424

チタン 軽いのはもちろん
耐腐食性も魅力
スマホなど電子機器周辺で重量が嵩む分
軽量化を図りたいから
お蔵入りしてたGoodsを出してきました


小さなことからコツコツと


クリップボード



原稿料でセレブ暮らし...なんて遠い夢
芸能人が講演して営業してるのが判る
印税とか原稿料とかは一流でないと格安
それでも
そんな末端に居れるだけ良しとしないと

一応、国会図書館なるところに
保管されるから遠い未来誰かが改めて見てくれるかも??

歳負うと何か残せないモノかと
諸行無常な気持ちに.... そんな秋の夜長(笑)




 

西を主戦場とする?者には遠距離恋愛観たっぷり
でも
変化に富んでいて楽しいから遠くても足蹴に通う

P1510827

コースの長さ、手軽さからfavoriteコースのひとつ
前半の尾根Rideから後半は樹林帯
目まぐるしく変化する
アプローチのしやすさでは3本指に入りますね

H山もMJからアプローチ出来た時は良かったんですがね...

↑このページのトップヘ