outdooring

OUTDOORING

徒然なるままoutdoor ~山&雪~

2017年02月

Screenshot_2017-02-19-18-04-00
 
ジオグラでSKIデータ管理
 登山やチャリで使う方が多いですが
 SKIでも使えます
  

Screenshot_2017-02-18-20-13-11

Screenshot_2017-02-19-17-22-49

 グラフの山の数が滑走数


Screenshot_2017-02-20-13-57-23

 どうみてもコース外がいくつか...
  ログ見て写真見て思い起こすのも楽しいかも 

P1490742
 気になってたコースへ
 予想以上に良いコース
 出口調査をしておけば
 完璧かな
 
 写真のロックゾーン
 京都ではあまり見ない景色 


久しぶりにチャリ
それも昼から出勤...
近場の北山へ

P_20170225_153756 
 TTしてみると
 21.5と冬の増量がもろに影響
 
日陰の北側に入ると
雪が残ってる

やっぱり北山は寒い
氷を保存していただけのことはあります

 P_20170225_153243
  木々はまだまだ寒そうだけど
  太陽が射すと春の近さを感じる
  それ以上に感じるのは
  スギ花粉が真っ赤かに
  今年は例年の数倍とのこと

  夜は夜会へ

  日曜はD方面探検 ^^
  

P1490420

 Sprayの長さが雪の軽さ

  "あの人たち人間のクズだけど、スキーだけはうまいから教わりがいがあるわよ"

   
私スキーの好きな台詞のひとつ
  いつか、こんな風に言われてみたかった
 

関西には3空港あるから便利なのかも??
それでも人気空港の良い時間帯便はUp料金支払っても
満席で残念ながら予約出来ないこともしばしば...

最近愛用なのは神戸空港
P_20170218_072920

関空より距離は近いし80分程度で着くのは有り難い
しかも駐車場も目の前で移動は楽チン
心配なのは阪神高速の事故渋滞くらいかな
今回駐車場代は2000円
関空は1日500円だから高いかもしれないけど
連絡橋のJR代を思えば安い
伊丹だとAP近くの民間Pで4-5000円
送迎とか有るけど予約とか面倒

P_20170220_205023 
 窓からの眺望も神戸はいいですね
 明石海峡上空を間近で飛ぶのはこのコースならでは
 伊丹の大阪夜景も捨て難いんですがね

 神戸は高速代で2500円程度
 国内線なら神戸APも有りかな?と思う今日この頃
 早い到着なら神戸市内で遊べるし
 IKEAにも立ち寄れます

 P_20170220_191348


 ANA 機内販売で見つけた限定チョコ
 先日紹介のチョコですねぇ~
 往路では売り切れでしたので復路でGet 
 パッケージが何だか豪華です
 

 
 
動画で見ると斜度が判り難いけど...
 ほぼほぼバックカントリーなので
不整地パウダー

十数年前のニセコの底なしパウダーではなく
底付きするからやっぱり暖冬を感じます

来シーズン向けて
ストックバケットを大きいのに変えないと 

北の国 rururururu~
最近はテレビ番組の提携格安ツアー愛用

夕食は5000円相当、朝食も3000円
2泊だから16000円相当
+滞在中リフト券が付く
北海道の3日券は意外とお高いんでビックリ
普通購入なら15000円程度

これだけで約3万円はツアーに含まれる
飛行機のフライト選択でも普通はUp料金が発生しますが
これは無いので抑えられます

P1490450_R
 樹氷...エビの尻尾...
 普通にあちこちにあるから気付かない贅沢 


P1490501_R 
 青空に映えるなぁ
 一瞬の青空が顔見せた時に撮影

P1490516_R

P1490523_R 
 ちょい逆光気味で

P1490526_R


P1490503_R
 ツリーRunばかり
 結局コース上にはほとんど出現しないのは自己責任ということ
 

P1490527_R
 昨年から貼るカイロを愛用
 つま先の冷えを防いでくれるから
 長時間のPOWDERRideも可能に
 殆どブーツが埋もった状態なんで
 冷えると痺れて来てたのですが それが無いだけ快適です

 

 ルスツのサイドカントリー
 ちょっと長めな動画ですが
 北海道の雪を堪能してください^^

 高低差が判りにくいのが残念...
 
 谷を超えて向こう側へ行くイメージです
 

ガーミン401

これを使うまでは猫目を愛用していました
有線から無線に変更したころから併用してガーミン愛用
今思えば
同じデータ管理を複数機で行うという何とも無駄なことでした

P1490067
   ↑写真ハンドル左上の機器がガーミン401

 日常生活防水仕様ですが、王滝の時はさすがに心配なので
 サランラップを巻いて使ってます
 裏にPCと接続するUSB端子ありますが
 今ではゴムパッキンは無くなりむき出し... 
 裏側なので放置しています

 使いたいときにベルクロでハンドルに巻いて使えるので
 取り付けも簡単
 振動対策で100均のずれ防止シートを小さく切って
 間に挟んで巻けば問題なく使えます

 元々はハイク用でしたが最近はチャリ利用が増えています
 
 時代は流れ、今はジオグラフィカ(スマホアプリ)との併用に
 走行時、視覚的情報を得るのに
 ガーミンを使い
 探索や位置確認で有ればジオグラを出して地形図確認と
 使い分けです
 ジオグラはUSB接続しなくてもデータを送信できるので
 ログはそちらを保存しています
 ジオグラは
 スマホの特性上、MTBハンドル直付けでは無理なので
 普段はバッグ内で利用ですが音声案内が秀越なので
 とても便利です
 
  

↑このページのトップヘ