outdooring

OUTDOORING

徒然なるままoutdoor ~山&雪~

カテゴリ: HIKE


梅雨明け間近
そうなるとお山遊びも急展開

 クリップボード


山で食う食事は何食べても美味しい
空気が美味しいとかじゃなく、単純に腹が減った状態でいつも食べるからだろう

山ラーを原則としながらも
最近はいろんな食事を持って行くようにしてます
前回北八ッでは缶詰で少しグルメ感Up

今度持参しようと思うのが

P_20170710_184548
カレーメシ

山専フリーズドライより使えそうな感じです
チーズとおにぎりあればリゾットも味わえそう

欧州からの品も
そろそろ届くころ

そして梅雨明けと来れば ドンピシャなんだけどなあ

DDz025zUMAErHhJ

郵便局の送料値上げが海外からの分まで影響するとは思わなかった
これじゃ日本との差額が少なくなって旨味がなくなる

本体がデイスカウントされているのを探して
送料分を相殺するGoods選びです

オスを予定してたけど
山では 利用率も高いしどうかな?と思ってたとこで
郵送料Up
で、象さんを次なる選択肢に

モンベルのUlは現物確認で
思ってたよりフニャ感高くちょっと心配


Mammut lithium crest 40+7l

初心者向けな汎用性高そうなBAg
評価もそこそこだし
被る率も少なさそうです
 

安近短なHikeしか
しないだろうからと
ULHIKEを基準にGoods選び


k_1123823_blbk

重量増すのはテントと寝袋
そしてバックパック

・テント 1400g
・寝袋  800g
・Bag  710g    
・サーマレスト 300g
 
 計3210g

なかなかのUL具合
軽い=耐久性弱 ってのはHeavyUser意見で
チャラキャン志向なら多分大丈夫

雨なら行かないだろうし
縦走って言っても休みはせいぜい3~4日間
移動日考えるとテン泊はMAX2・3泊

そう考えると
軽さは無敵に見えて来ます

雨具は必須だけど
稜線歩かないならポンチョでもOKかと思う
どこをどんなタイミングで目指すかハッキリしていれば
セレクトも具体性を増しますね

引き算のGoods選び なかなか楽しいです

梅雨の晴れ間で
乗鞍詣へ行きたいところです
最近は表ばかりだから
今回は裏から

P_20170610_091156

妄想プランはこんな感じで

前泊
無印乗鞍キャンプ
星空見ながらまったりと

翌日は裏乗鞍 朝一で
昼前には下りて来て風呂に入って帰宅


天気予報見ながら
いつでもスクランブル出来るように
スタンバっておきます

今の車に変えてからMTB搭載が窮屈だから
こんなプランがBetterかな

ブラックダイヤモンドBDのナイトロ22
使い始めて1年チョイ経過です

DSC00332_R
 バックパックは良く変えて来ましたが このBDはなかなかGood
 いいなあと思う商品ほど廃盤やMCになるのは何とかしてほしいとこですが..
 日帰りHikeならこれで充分です というか大きいくらい
 バーナーとか入れて行くと22Lですが
 コンビニ弁当とお茶位ならオス10Lで行けそうな気がします
 2.3年は持ってほしいけど、それまでに気に入ったバッグが出て来るか??ですね

 BDはマニアック指向強いので 山でも被ることは殆ど無いのもお気に入りです
 オス、グレ、ミレの3メーカーは良く見ますからね

四国 剣山
初日に軽くウオーミングアップがてら登山

ここの登山口までが大変...というか
酷道三昧

ナビ通り行けば良かった??と後悔
ナビはやや遠回りを示してるから
直線コースを選択 これが失敗??だったのか

なんだかんだで
無事登山口到着

登山リフトはあるけど1000円片道と
恐ろしいくらい割高

見の越駅~西島駅は歩きで行きます

Screenshot_2017-06-16-14-09-21

剣山 1955m
「剱」「劒」「劔」と難しい漢字の方が格好良い気がする
Map上も表記は異なるし


中腹からはループするコース取り
復路は尾根道で
行程3時間半程度
1500m前後程度から400mチョイの登り
DSC00168

山頂は熊笹に覆われています
植林保護で山頂一帯は木道で移動となります
この時期虫多くハッカ水で予防
眺め良いベンチで昼食を取ります
この山
山荘も完備の山です
180℃展望利くのも人気の理由なのでしょう

木道、階段と整備された山です

四国百名山 ひとつ石鎚山
近畿より以西では一番高い山らしい
昨日登った剣山と高さは五分五分だけど

四国の国道は酷道が多いですねぇ
海沿いの国道は整備されていますが
山を縦断するのは対向車来ると大変...
しかもUpDownがあるから1200㏄には厳しい

20170618102645
今回の山行きのメインは何と言っても石鎚の鎖場
3か所あって各50-60mという長場らしい
Goproモドキで動画撮影予定でしたが
車中に忘れ静止画のみで

でも動画で撮るほどでも無いかな⁉

ところどころ指掛け出来無さそうな場所は
鎖に頼りますが
基本足場とかは少ないながらあるので
落ち着いて登れば問題無し

多くの登山者も
ほぼほぼ鎖場挑戦でしたからね??


Screenshot_2017-06-18-10-19-47
ロープウエイは往復 2000円程度くらい
駐車場は700円
こんな奥地ながら結構お高い

ジオグラ起動しますが
GPS補足が前半オカシイ
天狗岳1982m周辺は復活してます

弥山にバッグおいて天狗目指す人がいますが
貴重品管理も有るので背負って目指しましたが
足場悪いとこ無く進めます

中腹の木道階段が
良いか悪いか意見は分かれそう
それほど延々木道階段が続きます


8:40  ロープウエイ乗車
9:00  登山開始
12:00  弥山
13:00  下山開始
15:00  ロープウエイ乗り場
15:20  駐車場

日帰りでピストンならこんな感じで行けます
下山後の日帰り温泉も充実しています

西条から京都まで370km程度
帰りは瀬戸大橋で夕暮れ楽しみながら
ゆっくり帰宅

百名山を踏破する旅?! 再開
2017.6.17 sat

19224775_473569356314219_2201345204248471995_n
山神さまを祀る
日本の山に多いですね


19149107_473569222980899_8741479598456284306_n
緩めなナイフリッヂ 
でも右側は断崖絶壁です


19247872_473569146314240_6689260219833779676_n
核心部はこちらの鎖場かな??
難所はところどころ

19146064_473571056314049_2456272916253692174_n

切り立った場所もありますが
3点確保で登ります

(続)

P_20170613_063237
初NANGA  モンベルのストレッチは寝相悪い僕にはピッタリだったけど
軽量化と夏山をカバーできるダウンがあればなあと思ってたので
250位の廉価版で充分なのかな?


P_20170613_063225
小型コンパクトながら、ズシリと来ます
NANGA250とアルミシート(緊急用)でやり過ごせるのでは
思案中
行先次第でパッキングを変えれば良いんでしょうが
緩~いのしかやらないから大丈夫でしょう

まずは9王 車中泊からか ^^;




P_20170603_124641

いわしより鯖缶なのか?
そんなことを北八つで思いながら突く缶詰は 美味し!!

バケットと白ワインさえあればPartyTimeです

調理するまでとなると後片付けも大変になるんで
缶詰沸騰中を今シーズンは楽しんで行こうと思います
ただ、圧縮された魚身を加熱すると膨張爆発するから
注意が必要

この後、うま缶シリーズのアヒージョを頂きました

↑このページのトップヘ