outdooring

OUTDOORING

徒然なるままoutdoor ~山&雪~

カテゴリ: HIKE

P_20170603_124641

いわしより鯖缶なのか?
そんなことを北八つで思いながら突く缶詰は 美味し!!

バケットと白ワインさえあればPartyTimeです

調理するまでとなると後片付けも大変になるんで
缶詰沸騰中を今シーズンは楽しんで行こうと思います
ただ、圧縮された魚身を加熱すると膨張爆発するから
注意が必要

この後、うま缶シリーズのアヒージョを頂きました

自己責任の世界...
とはいえ、ネット上では皆さん多用されてるから大丈夫と

だいたい
こんなに小さいくせに高いんだよ!ってとこがSTART
山ラーにとってPG-110はマスト商品
買替の度にBlueな気分になりたくない

で、コイツに充填して再利用
環境にも優しいし、Ecoです

P_20170609_082150

 山歩きすると判るけど 中途半端なガス残量でパッキングするのって
 無茶嫌なんです
 いつ無くなるか判らんような状態で、しかも追加でもう一つ持つなんてことも
 絶対イヤヤ~~~
 沸騰する前にガス欠なんて為った日には目も当てられんよ

 だから自己責任を負って充填して、いつもほぼ満タンで山へ向かうんです

P_20170609_082609
 いろいろ難しい事書いているページもあるけど
 要は入れ過ぎに注意ってこと
 だから、自重と充填後の重さをちゃんと確認しながら 
 やれば安全なんです
 すでにこの充填で何度もリサイクル状態に入って使っています
 
 注入するガスは100均で売ってるから
 とってもお財布にも優しいんです

中津川から伊那へ抜けて
杖立峠経由で茅野へ
時間もあるんで八ヶ岳アウトレットへ
途中富士がクッキリと
DSC06621
八ヶ岳OP なかなか欲しいモノだらけで目移り
そこは大人買いせず我慢我慢
アウトドア系が揃っているんで楽しいです


DSC06665
宿泊地 空は快晴

DSC06666
ホテルの星空観察会に参加
いろいろ勉強できました
月が明るすぎますが それでも数多くの星を見つけられました

P_20170603_102235
翌日は9時からハイクStart
苔の森 白駒池からです
6月とは言えまだまだ寒いんで着る服で悩みます

P_20170603_103509
ご覧のように氷が張る位 冷え込むようで…


P_20170603_123825
先月、5/1 横浜で作ったマイカップヌードル持参
キムチ風味主体で 見た目も赤い感じ出てますね

中山で昼食
風が強く岩場に隠れるようにして食事

今回は缶詰を温めて
アヒージョを山で食する 洒落ています

Screenshot_2017-06-04-16-56-34
残雪に足元を取られた山行き
中山から高見石間は下りで
スリップに気をつけてトレースするのが大変

雪解けでの泥濘も酷いところがたくさん
先日購入した靴を置いてきて正解!!

約6時間
足元悪い割に、予定タイム通り
無事下山後、蓼科の「小斎の湯」へ
なかなかアドベンチャー感ある露天でした

初夏の八ツを歩きに
また訪れますョ^^

P_20170603_125638

 入梅前に 蓼科から北八へ 登山というよりハイクの様相ですが

P_20170603_122253
 事前に調べた予想以上の積雪にビックリ
 アイゼンは不要だけど急斜では気を使います
 センター外すと踏み抜き危険
 先人の足跡をトレースするのが疲れます
 想定時間よりOver気味でコンプリート

P_20170603_104217
このコースを選んだのは富士山が見れるから
 でも、出発前にRX100がお陀仏
SONYタイマーかなぁ。。。
長い間ありがとう!
というわけで、写真はすべてスマホで撮影
色味がやっぱ残念だけど 記録より記憶だからね

P_20170603_105002
彩雲かな??
富士とコラボ


今回はレイヤリングでお悩み
結局 長T タイツ 半袖半パン ウインドブレーカーで丁度
風が強いとこは体感が寒くなります

昨年は6月半ばに天狗だったけど
気温は低めなHikeでした
 


P_20170528_193826
御守兼鈴

デザインや紐の根付なんかは最高!なんだけど
音がいまひとつ もう一息頑張ればもっと人気出ますよ
やや低めの音なのが残念です
素材見直しすれば洒落た熊鈴代わりになりそう

山チャリ用のバッグに取り付け完了


今履いてるASOLO 確かデビュー戦は槍ヶ岳だったと思う
慣らし無しで不安ながら強行した思い出
山小屋泊2泊 そしてロングなトレイル歩き
3日間で
すっかり足に馴染みました

2011年に「槍」踏破だから
5年以上経過しているかな??
そろそろソールが経たってるんで
ソール交換を見積もって見ると
ソールと周辺ラバー交換で¥15000程度
結構かかるなぁ…

昔のモンベル一足買える価格や...
アウトレットで探すも、知らぬ間に登山用品物価が
髙くなっていてビックリ
モンベルも2万くらいしてるし

ちょっとした登山靴は2万程度していますね(驚)
しかもナイロン製だし
革張りで格安探すのは至難の業
旧モデルだとソール剥離も気になるしなぁ

今のASOLOは
アメリカからセールで仕入れたので1万チョイといったとこ
コスパ最高です


4月下にポチっと

P_20170529_204005

今回はオランダより空輸 2週間程度かな??
価格は安めだったんですが問題は関税
これを踏まえて革靴登山靴は購入しないと
4-5千円プラスとなります

P_20170529_175935

サイズは、前回もこうして写真で残しているから
選ぶのは助かります
向こうのメーカーは足型変えていくほど余裕はないしね
普段履きは24.5-25.0ですからワンサイズ大き目となります

チャリ用はシマノで EU40 US7.0でジャストサイズ
そう見れば、40 2/3   7 1/2
チョイ大き目となるか?? 


カラーはブラウンだけど
実色はオリーブのような感じ
こっちの方が好み

P_20170530_071516

ソールは歩き重視みたいなパターン 流線型と言うか何というか??

試し履きすると、ピッタシ!
同じメーカーの同じサイズですから当然といえば当然か
多少の違和感はあれど、革靴本来の馴染が出てくれば問題無さそうな範囲


今夏の縦走では使って行きたいとこですが
どこで初履きするかが楽しみです



 

久しぶりオス

P_20170514_083120

小さい割にちゃんと機能は詰め込んでるあたりさすがオスです
背面はメッシュネット
10Lだから後ろへ持って行かれる感は無し
背負い心地も悪くない

見た目が細めなスリムバッグなんで
街用でも使えそう
小物入れも多いしね

似たタイプでタロンがあるけど
昔のはパックを上手くしないとフレームレスだから
ヘナってなったけど(今のは大丈夫みたい)
Syncroも大丈夫

これからの季節の滝汗にどんだけ耐えれるかが心配

背面の黄緑で決めたようなものです(笑)

ultralight

P_20170514_103442


軽量化へ
この季節なら日帰りの バックはこれでも十分かも
弁当と500のお茶、その他
ミニマムで


もちろん天候安定など条件もありますが

自転車で山へ入るのもほぼ1日仕事の時もある
コンビ二補給するのは水分が多いから
真夏だと厳しいサイズかも 

P_20170513_200217
 エスビットに
 100均固形燃料で実験


P_20170513_195902
 
 燃焼約10分
 400ccの水なら沸きます
 
 ただし室内環境という恵まれた中です 

アルプス1万尺
小槍の上で~アルペン踊りを
さあ踊りましょう ♪


20110909yari 294

 ガーミン奥が小槍  槍ヶ岳山頂から
 前回行った時の写真  高度3000m越えはなかなか体感できません 
 
 小槍で踊るなんて無理

 今夏は再訪して見たい山です

↑このページのトップヘ