outdooring

OUTDOORING

徒然なるままoutdoor ~山&雪~

カテゴリ: MONO


ストックの方式は現在2パターン

ひとつはカムロックやスクリューロックなどの伸縮式
最近流行りはコード式で折り畳めるタイプ

DSC04565

伸縮より折り畳みのほうが小さく軽くなる傾向だけど
頑丈感とのトレードオフ
価格もお高め

シングルで使うなら折り畳みでライトハイク
ダブルなら伸縮ってのが感想

というか
ほぼほぼ使う機会なくなんですが...
縦走時の長い下りの砂利場では役立ちそう

テン泊始めるとマストアイテムになるのかな

IP-110
プリムスの小型缶に
ガスチャージ

山へ向かう頻度が増える秋
山頂で山ラーを楽しむ準備は怠りなく

バーナーはプリムスウルトラバーナー P-153(旧)
IMG_20171007_085859

コンパクトパッキング
ガスが減ると追い足しで再利用していますが
これは自己責任範疇

元の重さが210g前後だから
軽量しながら補充していく
ガスはガス缶握ればその温度差で
勝手に入っていく感じ

アウトドアは環境にうるさい割に
こうしたリユースが進んでないのはどうかと思う
メーカーの思惑ではなんて思ったりも

ストックなんかも
ここ最近でやたら利用が広がってるし
ある意味、山界も飽和状態に近づきつつあるのかな?


CUPはチタン製400ccを愛用
ガス缶とプリムスバーナーが良い感じで収まります
400ccはカップヌードル一杯分と
カフェラテを一杯飲むのにちょうど良いサイズなのです

IMG_20171013_093424

チタン 軽いのはもちろん
耐腐食性も魅力
スマホなど電子機器周辺で重量が嵩む分
軽量化を図りたいから
お蔵入りしてたGoodsを出してきました

お洒落は足元から...
山も似ていますね

北岳などちょっとマニアック方面へ向かうと
M社製品が結構減っていくんです
大衆迎合しない山人が増加??

逆に見たこと無い様なGoodsが見れて
楽しいんですが...

22141265_524145517923269_6915083226955799558_n

靴は、革製が目立ったかな?
ブラウン系とオレンジ系
トレランの軽量シューズ派も意外に多いな

それと皆さんパッキングが上手です
テン泊は50-60L グレ愛用が多いです
小屋泊も40L系が多くてビックリ
皆さん衣類を大目に持参
耐寒性あればこの辺は小さくできそう
あと着替え量も関係します

Climb中
ストックは大方BD社が目立ちました
カムロックタイプが主流になりつつありますね

久しぶりに
滞在時間が長いお山遊び
いろいろ面白い発見も出来て
今後の山行きにもフィードバックできそう

あっフィードバックってお買い物のことです^^

9月の槍縦走で
中敷きがほつけたんで
新しく購入したSOFSOLE

評価が微妙な感じでしたが
Mベルにも置いてあったので
大丈夫かと安心

結構インソールって大切ですからね

IMG_20171004_080428

懸案だったのは、ジェルタイプのクッション緩衝材
慣れてないと意外と不安定で気色悪いらしい
踵部分にある丸い出っ張りがそれ
表面はcookmaxなので夏場は良さげ


北岳の急登でも足へのトラブルなくコンプリできました
マメや擦れなどによる水膨れや爪先痛みが場合によっては出ますが
足が悲鳴あげることなくでしたので合っていそう

Superfeetも使ってましたが
インソールは消耗品と割り切ってるんで
こっちのタイプの方が良いかも知れません
デザインもなかなかだしね


ASOLO+モンベルウイックロン靴下+SOFSOLE

今秋はこの組み合わせで錦秋のお山巡りします

イベントが間延びするこの時期
ハロウインが来月末
いろんなGoodsが100均で販売

P9Liteで撮影してみる
RX100のマクロはやはり近寄れず
ピンが合わないことが多いので
寄る時にはP9Liteを

IMG_20170921_072802
第三世代めだかを守ってくれてます


IMG_20170919_083242
栗とかぼちゃ
雰囲気だけは秋満天です

IMG_20170921_075452

もう数十年経過?
MTBやるまえから持っているやつ
使っていないから果たしてどうなんんだろう
一度拡げて確認しないと

ただ今でも販売してるロングセラー商品みたい
稜線歩きは無理でも森林帯なら
ポンチョで十分と思う
土砂降りを歩くことなんて
そうそう無いことだろうし

蒸れないで
バッグもカバーしてくれる機能性はGood!




ドイターのネオプレ生地のケースを使っていますが
どうしても耐久性という意味では微妙

特にショルダーハーネスの取り付け部分が弱い(メッシュ仕様)

IMG_20170921_075518
良くも悪くも
ジャストサイズ
ただファスナー部分がカメラ本体に干渉するのが気になるとこ


少雨でもネオプレなので外付けはリスクも大きい


IMG_20170919_184758
もう少ししっかりしたケースを探してたところ
これが使えそう

やや厚みや大きさは増すけど
カメラ専門で作られてるから安心
ちょっとした雨でも安心な感じです

実調はまだですが
今度の山行きで使ってみます



前回の槍は
結局山旅ロガーを騙し騙しの活用
ログ取りと言う意味では
不完全燃焼
DSC03728

P9Liteにしてアンドロイド7.0に

これが結構悪さと言うか、省電力設計バリバリ
スマホもバッテリー持ちの良さを売りたいから
バックグランドや画面OFFと同時にアプリを瞬殺する機能が
あちこち盛り込まれています

買い換えて
GPS系ログ起動しないままだったので
本格的な対応出来ないままのチャリ遊びや山行き
いずれもログ取れずで
いささか燃焼不足気味
戻ってからのログ見て一杯飲むのは
なかなか楽しいモノですからね

原因は7.0による
省電力システムなんだろうけど
GooglePlayやGoogle開発者アプリも
思いっきり関係しているとこが
素人が判るには大変
ようやく原因も何となく判ったんで
今は順調です

移動距離や標高を声で知らせてくれるシステムは
やはり便利
ザックを下していちいち見なくて良いし
歩きながらだと危な過ぎます
視覚では無く聴覚で情報入るのは
車のNavi的で便利です

秋山の時間は短いんで楽しみますよ 

RX100も修理から戻り
スナップシューター的に愛用中
(起動や終了は遅いけどね)
時々おかしな動きはするけどまだまだ
頑張ってもらいます
次に故障すれば
Cannon G9Xくらいかな

そんなRX100を山で使う時
便利なのがショルダー取り付けケースなんですが
思った以上に数も少なく
探すのが大変

現在はドイタ―のネオプレ製を使っていますが
ファスナーと本体が干渉して塗装が剥げてきます

でもショルダー取り付けケースがなく
グレゴリーのパテッドケースも考えましたが
帯に短し襷に...なので保留に


100000001001577944_10204

ようやく見つけたのがコレ
RX100が入るというレビューは余りないけど
何とか行けそうです

0056035364402_04120_500


そう、これこれ これならショルダーに付けて
スナップショット撮れますからね

0056035364402_41120_500

しかし
このタイプの取り付けケースが少ないのにはビックリ
皆どうしてるんだろう?

・常時首から下げる
・バックのウエストベルト装着または入れる
・腰に付けている

いずれも個人的にはダサ過ぎだし
岩場で衝撃とか気になります
左胸のとこに付けて右手で撮影ってのが
合っています

カメラ変わるとケースなんかも変わっていくでしょうが
とりあえずポチりましたので
実地検証は改めてです











↑このページのトップヘ